引越し 梱包

引越しの梱包は、新居の部屋割で梱包していくのがコツ

引越し荷物は、しっかり梱包していくことで、引っ越し後、開梱するのが楽になります。

荷物を梱包する時には、転居先の部屋割で梱包していくのがコツ

引っ越し前にリビングで使っていたものを、新居の和室で使うなら、 和室の荷物として梱包するのです。 引越しを期に、子ども部屋を作る方も多いでしょう。 転居先の子ども部屋で使うものは、子ども部屋の荷物として梱包しましょう。

部屋ごとに梱包すると、その部屋の中で重いものも軽いものも出てきます。
よく『本はダンボール箱の半分くらいまでしか入れないように』という注意がありますが、 部屋ごとに梱包すれば、本などの重いものを入れた上半分の空きスペースに、
クッションなど軽いものを詰めることができ、ダンボールの数を減らすことができます。

食器類も、部屋ごとの梱包と同じです。 食器の梱包は悩ましいところですが、 絶対に壊したくない食器用には、緩衝材を利用するのも上手な方法ですね。

一般的に食器の梱包には新聞紙を使います。 食器一つ一つを新聞紙で包みます。
皿などは、新聞紙が開かないよう、セロハンテープをぐるっと1周まわして止めて おくと安心です。 足のあるグラスは、足の部分が口の部分と同じ太さになるように、 新聞紙などを巻いてから梱包します。

ダンボールに入れるときに、皿は立てて入れ、コップやグラスは口を下にして入れます
食器と食器の間には、適宜、しわくちゃにした新聞紙を入れるとクッションの代わりになります。 食器とダンボールのすき間、食器と食器のすき間にも、新聞紙を入れて固定します。 ダンボールを軽く揺らして、ガチャガチャ言わないように梱包するのがコツです。

梱包したダンボールには、新居の部屋の名前を書きます
こうすることで、どの部屋に運ぶのか業者にもわかるためです。 食器など、割れ物が入っているダンボールには、底面以外の全ての面に 『割れ物注意』と大きく書いておくといいでしょう。

私が引越しをするときには、部屋の名前は黒の油性ペンで書き、 割れ物は、赤の油性ペンで太く大きく『割れ物』と書きます。 そして、割れ物だけ、別にまとめておいて、引っ越し当日 『これはぜんぶ割れ物です』と指示します。

引越しの梱包は、転居先の部屋割りを考えて梱包することと、 割れ物対策をしっかりすることがコツです。 食器などの割れ物に対しては、業者の注意に頼るのではなく、自分でもできるだけの対策をしたいですね。

一括見積もりサイトで安い引越し業者をチェック!

少しでもお得に引っ越すためには、各業者の料金やサービスの比較することがポイント。

相場を知った上で、値引き交渉するのことが引越料金を安くするコツです。

業者によって料金や割引、サービスなどがかなり違いますので、 1〜2社の見積もりで決めてしまうのは損ですよ。

一番便利なのが、複数業者の比較が一度にできる
無料の引っ越し一括見積もりサイト

一度の入力で、お住まいの地域で利用可能な引っ越し業者の見積もりを まとめて請求することができるので、手間がかからず効率的。

こちらから連絡を入れなければ、見積もりの有効期限が勝手に切れるので、 断りの連絡を入れなくていいのも気楽です。

見積もりを比較して、値引き交渉した結果、数万円の差が出たこともありました。

 

▼ エリアや条件に合わせ、引越し業者140社以上の中から、希望の業者に見積りが可能です。

      

入力は初めてでも簡単、僅か1〜2分!しかも無料!

見積もり料金やサービス内容をじっくり比較検討して、あなたの予算や条件にピッタリの
格安業者を見つけてください。

 

 無料!1分で一番安い引越しを探す