引越し 荷造り

引越しの荷造りは、普段使わないものからどんどん梱包してしまうのがコツ

引越しで、一番頭を悩ませるのが、荷造りと梱包。 どんなやり方が一番ベストなのかは、人ぞれぞれのライフスタイルによっても異なるのですが、 押さえておきたいコツとポイントをお教えしましょう。

片付けの記事で、『普段使いのものは、引っ越し準備であわただしくなる前に片付けをするのがコツ』だと ご紹介しました。これは、荷造りと梱包の大きなコツなんです。

普段使いのものを片付けることで、「これだけあれば最低限生活していける」という目安がわかります。
そこで、『片付けを済ませた普段使いのもの』を最後まで残して、あとは荷造りしてしまえばよいのです

そうは言っても、やっぱり荷造りと梱包は悩むものなんですよね。
まず、季節モノから荷造りしてしまいましょう。 今の季節と反対の季節で使うものは、今、絶対に使いませんから、梱包しても大丈夫。 どんどん箱詰めしてしまってください。

次に、使う頻度が低い生活用品を梱包します。 客用食器、行楽用品、大鍋、ホットプレートなどは、使用頻度も高くないでしょうから、 引っ越し日の2週間前に梱包しても、生活に影響はないでしょう。

引越し1週間前になったら、荷造りスピードをアップします。 洋服類も、食器類も、生活用品類も、1週間以内に使うか使わないかは判断できるでしょうから、 使わないと判断したものは、どんどん梱包していきます。

そして、引越し前日は次の日に使うもの以外を残して、全て荷造りします
引っ越し当日の朝使ったものを入れて、ガムテープで閉じれば完成です。

荷造りは、いつから始めればいいのかと悩む方も多いようですが、 引っ越し業者を決定し、資材を手に入れたら、すぐに荷造りを開始しましょう。

できるならば、梱包済みのダンボール箱を入れていくために1部屋空けてしまうと、 梱包済み段ボール箱の行き場を気にすることなく、荷造りすることができますね。 1部屋用意することが無理なら、ダンボール箱を積んでいけるスペースを用意しましょう。

引越しの荷造りは、普段使わないものからどんどん梱包してしまうのがコツ。 モノがなければないで、生活できるものです。 転居前の不便さも、引っ越しの一部と割り切ってしまいましょう。

こちらも参考になりますよ → 引越しの荷造りのコツと手順

一括見積もりサイトで安い引越し業者をチェック!

少しでもお得に引っ越すためには、各業者の料金やサービスの比較することがポイント。

相場を知った上で、値引き交渉するのことが引越料金を安くするコツです。

業者によって料金や割引、サービスなどがかなり違いますので、 1〜2社の見積もりで決めてしまうのは損ですよ。

一番便利なのが、複数業者の比較が一度にできる
無料の引っ越し一括見積もりサイト

一度の入力で、お住まいの地域で利用可能な引っ越し業者の見積もりを まとめて請求することができるので、手間がかからず効率的。

こちらから連絡を入れなければ、見積もりの有効期限が勝手に切れるので、 断りの連絡を入れなくていいのも気楽です。

見積もりを比較して、値引き交渉した結果、数万円の差が出たこともありました。

 

▼ エリアや条件に合わせ、引越し業者140社以上の中から、希望の業者に見積りが可能です。

      

入力は初めてでも簡単、僅か1〜2分!しかも無料!

見積もり料金やサービス内容をじっくり比較検討して、あなたの予算や条件にピッタリの
格安業者を見つけてください。

 

 無料!1分で一番安い引越しを探す