引越し 食材処分

食材処分のポイントは引越し前の最後の生ゴミの日を把握すること

引っ越しの時、悩ましいのは、食材の処分方法です。
冷蔵庫は、ギリギリまで電源を入れておき、 引越し後、すぐに電源を入れるわけには行きませんから、 上手に食材を処分していくことも、引っ越しのコツのひとつといえるでしょう。

引っ越しをする日が決まったら、ゴミの日をチェックしましょう。
特に最後の生ゴミは、いつ出せるのか把握しておくことが大事です。

一番ベストなのは、最後の生ゴミの日が引っ越し当日と言う日取りなのですが、 なかなかうまく行かないでしょうから、最後の生ゴミの日までに、食べきるものを食べきるようにし、 最後の生ゴミの日から、引越しまでの間は、外食や弁当で済ませるといいでしょう。

最後の生ゴミの日がはっきりしたら、買い物は控えめにしていきましょう。
引越し1ヶ月前くらいから、『足りないかな』くらいに買い物を控えていくと、 食材を減らそうと思わなくても減っていきます。 最後の1週間くらいになったら、必要以外は買わないようにすれば、食材がなくなるでしょう。

もし、引っ越しまで日にちがなくて、早急に食材を減らしたいなら、買い物は一旦止めます。 とにかく、家にあるもので、料理ができなくなる限界まで、買い物を止めます。 『もう、何も作れない』と言うところまで食材が減ったら、 面倒でも必要な時に、必要なだけ買うといいでしょう。

引っ越しまで、とっても時間がある方は、買い物は控えめにし、 缶詰、カップラーメン、非常食などで、足りない食材を補い、さらに1日くらいは過ごせるようにしておくと、 調味料以外の全ての食材を空っぽにするまで処分することも可能です。

食材を上手に処分していくために重要なコツは、「特別な状態にあることを意識すること」です。
1食が一汁三菜だったけれども、食材減らしのためには一汁二菜でもOKと考え、 ギリギリまで来たら、一汁一菜でも仕方ないと考えることです。 常に、日常と同じ食生活をしていては、引越しまでに食材を減らすことは難しいでしょう。

また、どこまで食材を減らせばいいのかは、自分自身が食材を持って移動できるのかどうか、 クーラーボックスや発泡スチロールの箱を持っているかどうか、 保冷剤はどのくらいの量あるのか、などによって異なります。自分自身の引越しを客観的に判断することも、食材の処分には大切なコツですね。

一括見積もりサイトで安い引越し業者をチェック!

少しでもお得に引っ越すためには、各業者の料金やサービスの比較することがポイント。

相場を知った上で、値引き交渉するのことが引越料金を安くするコツです。

業者によって料金や割引、サービスなどがかなり違いますので、 1〜2社の見積もりで決めてしまうのは損ですよ。

一番便利なのが、複数業者の比較が一度にできる
無料の引っ越し一括見積もりサイト

一度の入力で、お住まいの地域で利用可能な引っ越し業者の見積もりを まとめて請求することができるので、手間がかからず効率的。

こちらから連絡を入れなければ、見積もりの有効期限が勝手に切れるので、 断りの連絡を入れなくていいのも気楽です。

見積もりを比較して、値引き交渉した結果、数万円の差が出たこともありました。

 

▼ エリアや条件に合わせ、引越し業者140社以上の中から、希望の業者に見積りが可能です。

      

入力は初めてでも簡単、僅か1〜2分!しかも無料!

見積もり料金やサービス内容をじっくり比較検討して、あなたの予算や条件にピッタリの
格安業者を見つけてください。

 

 無料!1分で一番安い引越しを探す